歴史が色濃く残る街 横浜・馬車道

横浜港開港を機に新生日本の象徴となった横浜には

国内外から多くの人々が集まり

外国人を乗せた馬車が行き交ったことからその名がついたこの場所は

近代化における様々な文化発祥の地となりました

日本独自の発展を遂げた「洋食」もそのひとつ

西洋の食文化に初めて触れた日本人のその驚きと感動は

言葉では言い尽くせないものだったかもしれません

横浜港開港から150余年

いくつもの時代の移り変わりを見つめたこの場所で

産地や季節にとことんこだわり 素材本来の味を生かしたお料理と

お客様のリクエストに笑顔でお応えするサービスで

生産者とお客様と共につくりあげていくレストランです

 

 

大切な挙式は「横浜総鎮守」つまり国際港都・横浜の守り神として広く崇敬を集める

伊勢山皇大神宮をご案内しています

「急速な近代化・西洋化の流れの中でも、横浜の人々が日本の国柄を見失わない為に、

人々の心の拠り所、また横浜の象徴となるものとして

国家を鎮護する天照大御神を祀る荘厳な神殿を築く」として明治3年に創建された由緒正しい神社です。