神社婚の『壽ぎウェディング』では、
神社と深く関わりのある日本文化そして季節のめぐりを
大切にしています。

季節は春夏秋冬という分け方よりも
さらに細かく二十四に分けた「二十四節気」というものがございます。
二十四節気を使って、日本古来から季節を知り、人々は暮らしと調和させていました。
結婚式を挙げるお日にちにはどのような節気なのか
知っていただき、季節や自然を感じながら当日をお迎えいただければ幸いです。

本日は、その中でも秋の三つ目の節気である
「白露(はくろ)」をご紹介いたします。

<白露>
夜中に大気が冷え
草花や木に朝露が宿りはじめる頃
降りた露は光り、白い粒のように見えることから
白露と呼ばれます

この時季になると
日中の暑さも和らぎはじめ、
だんだんと秋の気配が深まっていきます

雨は降っていないのに
朝の秋草にきらきらと雫が光っていたら
それは「露時雨(つゆしぐれ)」です

まだ涼しい朝の時間帯にお散歩をしてみると
より秋らしさを感じるかもしれません
足元の小さな草花が宝石を纏ったような
秋の美しい景色を見つけてみてください

インスタグラム