神社婚の『壽ぎウェディング』では、
神社と深く関わりのある日本文化そして季節のめぐりを
大切にしています。

季節は春夏秋冬という分け方よりも
さらに細かく二十四に分けた「二十四節気」というものがございます。
二十四節気を使って、日本古来から季節を知り、人々は暮らしと調和させていました。
結婚式を挙げるお日にちにはどのような節気なのか
知っていただき、季節や自然を感じながら当日をお迎えいただければ幸いです。

本日は、その中でも秋の初めの節気である
「処暑(しょしょ)」をご紹介いたします。

<処暑>

暑さが徐々に和らぎ、萩の花が咲き、穀物が実り始める頃。
朝夕には心地より風が吹き、虫の音色が聞こえてくる時期になります。

この頃の季節の言葉として「行合の空」という言葉があります。
暖かい空気と冷たい空気が行き交い
夏の代表的な雲でもある入道雲の間から、
鱗雲や巻雲が見えることがあります。
まさに夏と秋の間に私たちが暮らしているということを感じられる瞬間ではないでしょうか。

深呼吸をすると同時にぜひ空を見上げて見てください。
空の中でも季節を感じられることがたくさんあります。

インスタグラム