新郎様をひときわ男らしく見せてくれる黒紋付  

黒紋付き羽織の黒には
「何色にも染まらない」という意味があります。
新郎の凛々しさ、男らしさ、決意が
その色に表現されています。

新婦様がお召しになられるお衣装に合わせ
お選びください。

新郎の衣装は黒五つ紋付き羽織袴が正装なので、神前式ではこちらを着用します。
色紋付き袴は「略礼装」なので披露宴でお色直しの際などに着るのが良いとされます。
品のある着こなしをするため、下記の2点に要注意です。

  • 丈が自分に合っているもの
  • 足に合っている足袋

そして和装を着用するときはいつも以上に姿勢に気を付けましょう。
タキシードのように肩パッドが入っていませんので、背筋をのばし、胸を張ることで凛々しさが伝わります。