結婚式はこれまでにお世話になった皆さまに感謝を伝える機会。
披露宴のお時間でそのお気持ちを表現していくのはもちろんですが、それを形にしてお届けできるのが引出物です。

これまでお世話になった感謝や「これからもよろしくお願いします」という気持ちをしっかり届け素敵な一品を選び、皆さまの思い出にもしていただきたいですよね。

今回はそんな引出物を選ぶためのヒントをご紹介します!

引出物の歴史

今でこそ引出物で感謝を表現する文化が浸透していますが、その文化は果たしていつから続いているのでしょうか。

実は引出物の歴史は平安時代まで遡ると言われております。

昔、豪勢な宴を開いたとある富豪が、その宴の成功を祝って馬をゲストへ送られたという逸話があります。
それ以来宴を盛り上げ、華を添えた参加者に対して主催者が贈り物をするという風習がはじまったのだそうです。

ちなみに「引出物」という言葉は、そのとある富豪が馬を「引き出す」動作が語源になっています。

今も昔も、どれだけ美味しいお料理を用意しても、どれだけ煌びやかに会場を装飾しても
その空間を一緒に楽しむゲストがいなければパーティーは完成しません。

古くから変わらない感謝の気持ちを込めて、とっておきの贈り物を選んでみましょう。

贈る相手ごとの相場

具体的に引出物を選び始める前にまず知っておきたいのが相場。
感謝を伝える品とは言っても実は高価なものであるほどいいというわけではなく、ここにもマナーばあるんです。

もちろん、ご予算面で気になる部分でもありますよね。

価格や内容によっては失礼になったり、恐縮させてしまったりする可能性があるので
適切な相場をぜひ参考にしていただきながら選んでみてください!

包んでいただくご祝儀に対して考える引出物

一般的には、ゲストから包んでいただいたご祝儀の1割が引出物の価格して適切と言われています。
例えばご友人のゲストの場合ですと30,000円〜40,000円がご祝儀の平均と言われておりますので、3,000円〜4,000円の引出物が相場となります。

ただご祝儀を基準に考えると、思っていたよりも多くお祝いのお気持ちをくださる方がいたらどうしよう…というご心配を抱えるお二人もいらっしゃるのでは。

そのような場合には、後日改めて御礼の品をお贈りすることがおすすめ。
予め高級すぎるものを用意してゲストが負い目を感じてしまう可能性もあるので、まずは平均的なご金額でご用意してみましょう。

上司の方への引出物

日頃職場でお世話になっている上司の方々へは、当日だけではなく毎日の感謝も込めてしっかりと喜んでいただけるギフトを贈りたいですね。

上司の方のご祝儀は50,000円〜100,000円が平均と言われております。

また上司の方の場合ですと、パーティーの開宴を彩る祝辞や乾杯のご発声をお願いすることも多いのではないでしょうか。
その御礼として平均プラス10,000円ほどの引出物を贈られるのもおすすめです。

これらの御礼は引出物と分けて、御礼としてしっかりと包みお渡しすることも多くあるのでお気持ちの渡し方はぜひ二人でご相談してみてくださいね。

ご親族への引出物

ご親族からいただくご祝儀の平均は50,000円〜12,000円と言われております。
ひとくくりにご親族といっても、お二人に近い年齢の方から祖父様や祖母様とご高齢に方もいらっしゃいますし
また間柄やご家族ごとのご事情等もございますので、迷われてしまうお二人が多いのが実際のところ。

安心して当日をお迎えいただくためにも、ご親族への引出物に関しては親御様にご意見を仰ぐのがベスト。

地域によっては品数、品物、価格等贈り方にかんする細かきしきたりがある場合も考えられますので、まずは相談してみましょう。

ギフトを選ぶ際のポイント


さて、相場を把握したところでここからはいよいよ実際にゲストの手に渡るギフトの選び方をご紹介します!

引出物選びの一番大切なポイントは、誕生日プレゼントを選ぶようなお気持ちでセレクトをすること。
贈る相手がどのようなものを好み、どのような生活をしていて、どのような物を贈ったら喜んでもらえるのか、実際に使いたいと思うのか…

ゲストが帰宅されてから、引出物を開けたときのシーンやその後どのように楽しんでもらえるかを想像すると
自然と相手に喜んでいただけるとっておきの一品が見つかりそうですね。

まずは「喜んでもらいたい」というシンプルなお気持ちを大切にしましょう。
その上でより一層ご結婚式にふさわしい一品を見つけるために、下記のような選び方もご参考にしてみてください!

ご結婚式の帰り道でご負担にならないもの

ご結婚式の帰り道はお祝いの空間を存分に楽しんだ余韻が心地のいいひとときですね。

また女性の場合ですと普段よりドレスアップして、高いヒールをお召しの方も多いため、少しでも身軽に帰路につきたいと感じられる方も多くいらっしゃいます。
その他にもご遠方からお越しいただくゲストがいらっしゃるお二人も多いのでは。

そんな帰り道に、重たい引出物やかさばってしまう引出物は少々ご負担になってしまいます。
気軽に持ち帰ることが出来、且つ帰りの電車等でもお邪魔にならないようなサイズ感を大事にしてみましょう。

縁起のいいもの

日本人の文化には「縁起」が深く根付いています。
そんな日本において、特におめでたいご結婚式ではより演技のいいものを選びましょう。

引出物として縁起がよいとされるものの代表がお箸。
お二人と皆さまのご縁を繋ぎ続ける幸せの架け「橋」を連想させることから、縁起がよいと言われています。
なお、末広がりな「八」角のお橋はより一層めでたいギフトです。

その他にも漆器も、大変丈夫で割れにくいことから引出物としてはおすすめの一品です。

一方で引出物として候補に上がりうる縁起の悪いものとしては刃物(縁が切れることを象徴する)や重箱の形をした贈り物(重ねて=繰り返し=再婚を連想させる)、
あるいは猿のモチーフや柄が用いられているもの(猿=去るを連想させる)が考えられます。

もちろん贈るお相手にとってそれらが最もお喜びいただけるものであれば、そのお気持ちを大切にしつつも
前途に暗雲を兆すようなものはなるべく選ばないようにしましょう。

目上の方の贈り物を選ぶ際の注意点

縁起の良いものを選ぶということだけではなく、失礼にあたることのないよう下記のものを選ぶ際には注意が必要です。

それは「履物」と「筆記用具」です。

「履物」に関しては「踏みつける」やもっと多く歩く(=働く・行動する)ことを促すニュアンスが、
また「筆記用具」に関しても「もっと勉強しなさい」と上から目線のメッセージが含まれていると、人によっては受け取ってしまいます。

ゲストの方が贈り物を開けるときには、お二人とは一緒にいられないことが多いでしょう。
誤解を生み、ゲストのお気持ちが曇ってしまわぬよう、贈り物を選ぶ際には以上の点にも心を配りましょう。

「カタログギフト」という贈り物の形

お二人で選んだギフトを贈るのではなく、ゲストの方が最もほしいものをご自身で選んでいただけるカタログギフトも大変人気です!

カタログギフトでしたらゲストがほしい!と感じたものをお手元に届けることが出来るのはもちろん、
楽しかった一日の気持ちが鮮やかな中、パーティーのことを思い出しながらカタログをめくるひとときも至福なのです。

特にご家族で参列されるゲストにとっては、お子様も一緒に選べるカタログギフトはとても喜ばれます。

一方で、カタログギフトの注文を忘れてしまったとおっしゃる方もいらっしゃるようです。
また特にご高齢の方ですとギフトのお申し込みまでの手順が少々ややこしく、かえってストレスに感じてしまう場合も考えられます。

ぜひそういったお相手のパーソナリティも想像しながらぴったりの贈り方を考えてみてください。

とにかくご負担が少ない!宅配ギフト

カタログギフトと並んで近頃多くの方々に選ばれているのが宅配の引出物。

宅配の場合は、ご披露宴当日は「引出物は後日ご自宅へお届けします」というメッセージカードをお渡ししご披露宴の当日〜2日後に送り物が届くよう手配をします。

お荷物が多いご遠方のゲストやご負担を減らしたいご高齢の方々はもちろんのこと、
2次会など酔いが深まるお時間を過ごし、引出物が混ざってしまう可能性の高い方々にも喜んでいただける贈り方となります。

プランナーから一言

ここまで引出物の選び方をご案内しましたが、やはり一番大切にしたいのはお相手に喜んでもらいたい気持ちと、大事な一日を共に過ごせた感謝の気持ちです。

心の込もった贈り物でしたらきっとゲストにも喜んでいただけますし、
またお二人も当日気持ちがよく引出物を贈ることが出来ますね。

その上でぜひ世代や関係性を考慮した選び方や抑えるべきポイントを参考にしながら、お二人でギフトを選ぶお時間もぜひ楽しみくださいね。