結婚式といえば、バージンロードを歩くイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。バージンロードを歩くのを夢見ているのは花嫁だけではありません。花嫁のお父さん結婚式といえば、バージンロードを歩くというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。バージンロードを歩くのを夢見ているのは花嫁だけではありません。花嫁の父親にとっても、結婚式で娘と一緒に歩くことは夢なんですよ。

「和装の結婚式でバージンロードは見たこと無いけれど、お父さんと一緒に歩けるのかな?」

そんな疑問をお持ちの方に、和婚の結婚式のバージンロードについて紹介いたします!

和装の結婚式でバージンロードは歩けるのか

和婚の結婚式を行う場所は大きく分けて3つ。神社・専門式場・チャペルです。結婚式を行う場所によってバージンロードがあるかないかが決まります。

チャペル・専門式場ではバージンロードあり

洋装の結婚式が行われることが多いチャペルウエディング。そのためバージンロードがあることがほとんどです。洋風の建物のため、和装の結婚式で使われることはそれほど多くありませんが、絶対にバージンロードを歩きたい人にはおすすめです。

また、専門式場では自分たちなりの結婚式をカスタマイズできるため、バージンロードをオプションでつけることもできます。人前式にバージンロードをつくるのが人気ですよ。

神社での神前式の場合は難しい

神社で神前式を行う場合は、神社の境内を歩くためバージンロードを用意するのは難しいことがほとんどです。

神前式では、バージンロードに代わる行事として「花嫁行列」があります。花嫁行列とは境内から神殿まで歩く「参進の儀」と呼ばれる儀式。参列者全員が一列になって神殿まで歩くため、父親だけでなく両親・親戚・友達にも参加してもらえますよ。

花嫁行列は人生を表していると言われています。花嫁行列のゴールとなる2人の未来永劫をお願いする神殿が「未来」。新郎新婦が「現在」。そして両親が「過去」。

この3つが一体となり、新郎新婦の門出を祝福するという意味があるんです。バージンロードにも並ぶ素敵な意味を持った儀式ですよね。

和装の結婚式でバージンロードを歩く方法

和装結婚式でバージンロードを歩くには、どうしたらいいのでしょうか。

ホテルや専門式場でする場合は、事前に伝えて準備してもらうといいでしょう。では、神前式をした場合はバージンロードを歩けないのでしょうか。

披露宴の会場とも相談

結婚式では神前式をして、披露宴はホテルや専門会場で行う場合、会場と相談してバージンロードを作ってもらうこともできます。入場した扉から、高砂までバージンロードで歩くのもいいですね。

サプライズにするのもあり

披露宴でバージンロードを作るときには、お父さんにはサプライズにしておくのもおすすめです。特にバージンロードを一緒に歩きたいと思っていたお父さんにとっては、サプライズでとても喜ばれるでしょう。

事前に伝えると恥ずかしがってしまうお父さんにもおすすめです。

お色直しのとき

披露宴の最初の入場のときにはバージンロードはなしで、お色直しのときにサプライズとしてバージンロードを歩くのもおすすめです。特に着物のお色直しは時間がかかるので、その間にセッティングをお願いするのもいいでしょう。

バージンロードを歩くことはないと思っていたお父さんにとっても、お色直しでバージンロードを作ることは予想外。諦めていたところにバージンロードが歩けると分かると、かなりのサプライズですね。

和装結婚式ならではの演出

「和装結婚式でもバージンロードをしたい」「バージンロードに代わるような演出をしたい」そんな方のために、和装結婚式ならではの演出を紹介します。

和風アイルランナー

まずおすすめなのは、「和風アイルランナー」です。アイルランナーとは、バージンロードのようなカーペット。バージンロードは英語で「ウエディングアイル」、細長いカーペットを「ランナー」と呼ぶことからこの名前が付けられました。

バージンロードと違って、自分たちの歴史などをアイルランナーに書くことができるので、オリジナルのバージンロードとしても人です。

洋装でのアイルランナーはバラの花びらなどを散らすことが多いですが、和装の場合は桜や紅葉などの和風の植物がおすすめ。折り鶴などを散らすのも、和の雰囲気になりますよ。着物の色にあった折り紙で折り鶴を準備するのもおすすめです。

三三九度

次に和装結婚式ならではの演出は「三三九度」です。三三九度は盃に注がれたお酒を三口で飲み干すのを三回繰り返す儀式です。酒には精霊が宿っており、盃を交わした約束は絶対に守られると信じられていることから結婚式での儀式でも使われております。

三三九度のときには厳かな雰囲気になり、和装ならではの神秘的な印象になりますよ。和装の結婚式のときにはぜひ取り入れたい儀式です。

水あわせの儀

「水合わせの儀」も和装の結婚式ならではの儀式として人気です。

新郎新婦がお互いの自宅から水をくんできて、ひとつに合わせる儀式。これから新しくひとつの家庭を作り上げていくといった意味が込められています。

お皿の中に水をいれたり、植物の植木鉢に水を注いだり、梅酒を漬ける瓶に注いだりとそれぞれの方法を楽しめます。2人の新居に置く観葉植物に一緒に水を注いでもいいですね。

はこせこの儀

「はこせこの儀」は新婦の母親が、手紙とお守りを入れたはこせこを胸元に差し込む儀式です。本来はゲストがいないところで挙式前に行うことが多いのですが、演出として行う人もいる儀式です。洋装のベールダウンに代わる儀式としても人気ですよ。

和装の結婚式でバージンロードを美しく歩くコツ

普段はなかなか着る機会がない和装。そのため、まっすぐ歩くだけで精一杯な方も多いのではないでしょうか。ですが、バージンロードを歩くときにはきれいな姿で歩きたいですよね。

そこで最後に、和装結婚式でバージンロードを美しく歩くコツについて紹介します。

新婦の和装結婚式でのバージンロードを歩くコツ

まず新婦の歩き方についてです。

背筋を伸ばして、あごを引き、まっすぐに前を向くと姿勢よく見えますよ。また、帯などが重いため後ろに引っ張られるように歩いてしまう方も。つま先に体重を乗せながら、重心を前にもってくることで歩きやすくなりますよ。

足が開ける範囲が狭いので、いつもよりも歩幅を狭く、少し内股気味で円をかくように歩くと着物でも美しく歩けます。

結婚式で着用する着物は想像以上に重さがあり、慣れない着物で歩くのは難しいものです。当日までに歩き方の練習をしておくことがおすすめです。

新郎の和装結婚式でのバージンロードを歩くコツ

次に新郎の歩き方についてです。

新郎もいつもよりも歩幅を狭くして、すり足気味にゆっくり歩くのがおすすめです。新郎は基本的に新婦の前を歩くことになります。新婦と離れてしまわないように、新婦の歩幅に合わせて歩くように予め合わせておくといいですね。

和装結婚式でもバージンロードを歩く

和装の結婚式でもバージンロードを歩けるほか、それ以外の和装ならではの儀式もあることがわかりました。バージンロードを準備するのか、他の儀式にするのか、新郎新婦でよく話し合って決めてくださいね。

和装がより映えるように新郎新婦共々、歩き方も練習して最高の結婚式に備えてくださいね。