結婚式本番でのネイルは考えている人は多いかと思いますが、前撮りではどこまでするのか悩むもの。特に、「和装結婚式の前撮りでは、どんなネイルにするべきなの?」と気になっている方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、和装結婚式でのネイルの必要性・ケアする方法・おすすめのデザインについて紹介します。
和装結婚式の前撮りでのネイルは必要なのか

「結婚式の前撮りのときにもネイルは必要なの?」と気になっている方

前撮りで結婚指輪を指につけたカットを撮る場合。ネイルをするか整えておくとより手元が美しく見えます。そのため、ネイルやネイルケアをしておくことはおすすめ!

「指輪のカットは撮らない」という人にも、和装の場合は特にネイルをするといいでしょう。実は、和装のときは洋装よりも小物をたくさん使うことから、小物を持った撮影をすることも多くあります。そのため爪先まで美しく整えていることでより手元を美しく見せられますよ。

マニキュア

「簡単にネイルをしたい」という人にはマニキュアがおすすめです。仕事上ネイルがNGという場合でも、マニキュアなら撮影前に塗って、撮影後には簡単にオフすることができます。

また、単色で塗ったり、簡単なアレンジなら自分でも簡単にできるのも嬉しいですね。100円からでも購入できるのでプチプラでネイルをしたい人にもおすすめです。

ジェルネイル

より美しく、凝ったデザインにしたい方にはジェルネイルがおすすめです。着物に合わせた細かい柄や、繊細なグラデーションも思いのまま。

爪が短い人でも、ジェルネイルなら長さを足して、憧れの縦長の爪を作ることもできます。
また、1ヶ月程度持つので、結婚式が近い場合はそのままネイルを保つことも可能です。

自分でジェルネイルをすることもできますが、素人ではすぐに剥がれてしまったり、使いたい色を手に入れるのが難しかったりと思うようにいかないもの。クオリティを高く仕上げるなら、プロに任せるのがおすすめです。

ネイルチップ

ネイルアレンジをしてみたいけれど、どうしてもマニキュアやジェルネイルはできないという方にはネイルチップがおすすめです。

シールで貼るだけなので、撮影前に簡単に装着でき、終わった後はきれいに外せますよ。

市販されているネイルチップでお気に入りのものがない場合は、ネイルショップで理想のネイルチップを作ってもらうのもおすすめです。

ネイルケア

派手なネイルにはしたくないけれど、手はきれいに見せたいという方にはネイルケアがおすすめです。

手は爪次第で印象が大きく変わります。きれいに整えて、結婚指輪が映える美しい指を作りましょう!

和装結婚式の前撮りでのネイルケア方法

結婚式の前撮りでしておきたいネイルケアの方法について紹介します。セルフでしてもよし、プロにまかせてもよし。

指輪を美しく引き立たせるためにしっかりケアをして、前撮りに挑みましょう。

ファイルで形を整える

指先だけでなく、指全体を美しく見せるためには爪の形が重要です。カーブをつけた丸みのある指先は、女性らしい印象に。また、少し尖らせた指先は、おしゃれで洗練された印象に。

なりたい印象に合わせて形を整えてみてくださいね。

甘皮・薄皮のケアをする

爪を長く見せて、指をすっきりのびたスラリとした印象にするには、甘皮・薄皮のケアが重要です。甘皮を取り除くことによって、爪が縦に伸びたように見えますよ。

繊細な場所なので、初めてケアする場合は、プロに任せることがおすすめです。

和装結婚式の前撮りでおすすめのネイル

和装の結婚式の前撮りでは、どんなデザインのネイルがいいのでしょうか。

今回は和装結婚式でおすすめのネイルのデザインを10種類紹介します。前撮り、そして結婚式当日に着る着物を想像しながら選んでみてくださいね。

指輪を引き立てるシンプルネイル

結婚式のメインの一つ「結婚指輪」。ネイルはあくまでも「結婚指輪を魅力的に見せるためにする」という方には、シンプルなデザインがおすすめです。

ナチュラルにしたい方は、指輪を美しく見せてくれるために形を整えてツヤを出す程度にするのもおすすめです。

着物の色や柄に合わせた和柄ネイル

せっかくの着物を着るなら、爪の先まで着物に合わせるのもおすすめ!

着物に入っている色を使ったり、同じ柄を使うことで統一感を出せますよ。複数のカラーを使う場合でも、着物の色似合わせるとごちゃごちゃして見えることもなく、洗練された印象に。

和柄のネイルは、市販されているマニキュアなどではなかなか見つからなかったり、柄自体が難しいことが多いのが特徴です。自分でするよりも、ネイルショップでしてもらうと完成度高く仕上げることができるでしょう。

ネイルショップでする場合は、着物の写真を持っていき、相談しながらデザインを決めていくのがおすすめです。

ウエディングらしいホワイトフレンチネイル

ウエディングといえば、ホワイトフレンチネイルを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

指をきれいに見せてくれるフレンチネイルと、結婚式らしいホワイトは王道の組み合わせ。

シンプルだけどかわいく、そして手をきれいに見せてくれる優秀なデザインです。

着物の色に合わせたグラデーションネイル

「着物との統一感を出したネイルにしたいけれど、あまり派手にはしたくない」という方にはグラデーションネイルがおすすめです。

着物に使われている色を選んでグラデーションにすることで、着物との統一感のあるシンプルなネイルができますよ。

光に輝くオーロラ・ホログラムネイル

写真を撮ったときに、キラキラ輝かせたい人にはオーロラやホログラムがおすすめ!

光の具合でキラリと輝くネイルは、結婚指輪をさらにかがやかせてくれるでしょう。

肌なじみの良い色でナチュラルネイル

「ネイルを目立たせるのではなく、きれいに整っている感じにしたい」という人は、肌になじむヌードカラーでのネイルがおすすめです。

形を整えた爪には、桜色やベージュなどの色合いで一色にネイルしただけでも美しいですよ。

日本古来からのお祝いの色ゴールドにしたネイル

お祝いのときらしいネイルにしたい人には、ゴールドを使ったデザインもおすすめです。

日本は古来より、お祝いのときには金色をつかってきました。ワンポイントに金を使うことによって、和装結婚式にぴったりな、華やかなネイルに仕上がります。

白無垢になじむホワイトネイル

白無垢を着る方は、白無垢にあわせたホワイトネイルもおすすめです。

白といってもたくさん種類があるので、手になじむ色合いを選んでくださいね。

ポイントで赤色を使ったネイル

和装にあわせる場合、ポイントで赤色を使うのもおすすめです。

口紅で赤を使う場合は、口紅の色に合わせることで統一感のある仕上がりに。特に白無垢の場合、ホワイトネイルのポイントに赤色を使うのも和装に似合うデザインになりますよ。

桜・牡丹などのお花のネイル

和装に似合うネイルといえば、桜や牡丹など着物によく使われるお花の柄もおすすめです。着物に使われているお花がある場合は、合わせてあげるのも素敵ですよ。

和装に似合うネイルで結婚式も前撮りも決める

和装に似合うネイルは意外と多いことがわかりました。着物や小物を選ぶように、ネイルを選ぶ楽しさもありますね。

自分らしいものや、着物に似合うものを選んで、前撮り・結婚式のときの指先を美しく彩ってみてはいかがでしょうか。